読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くりーむぱんが食べたい

おたくが取り留めのないことを徒然なるままに綴るブログです。

今更ながらのアルバム「LOVE」の感想

どうも、さくらです。めちゃくちゃ今更ですが嵐のLOVEの感想を綴りたいと思います。あゆはぴの感想を書けよ!って話なんですけど(※それも遅い)今はLOVEのテンションなので。いずれは全アルバムのレビューを書きたいですなぁ…。

さて、ではまず1曲目から。

 

1. 愛を歌おう

1曲目から壮大な愛のうた。始まったばかりなのにエンディング感がすごい。実際コンサートではオープニングでも流れたけれどエンディングの曲でもあった。壮大な地球に包まれる嵐って凄かった…これが、世界だ

それぞれの歌声も好きです。綺麗に歌う人、繊細に歌う人、力強く歌う人、優しく歌う人…色んな人が嵐にはいます。愛のパワーが凄すぎて、先程も述べましたが「嵐、これが…世界だ…」などと血迷ったことを言いたくなる。私は本気です。

 

2. サヨナラのあとで

嵐のアルバムに絶対1曲は入っている失恋ソングですね!!!個人的に「出るはずもない答え探し疲れて」のメロディラインがとても好きです。さーがしつかれてぇー、が好きです。

あと、ラスサビ前の大野さんソロパートがとても好きです。シリアスなバラードを大野さんの綺麗な歌声で引き締めてからの、5人での大サビ。この流れがとても好きです。

  

3. CONFUSION

これはですね、歌詞を見ずに聴いていたら「あわよくばなんて可哀想に」という歌詞に私の中のM心が大反応しまして、それから大好きなんです。

だって嵐さんに「可哀想に」って言われたくないですか!?!?ない!?私だけかな!?
特に櫻井翔さんに蔑みながら言われたいです。翔さんがそんな人じゃないってのはわかってますが単に私が言われたいだけです。すみませんこんなところで性癖を暴露して…。

そんなこんなで歌詞をよく見てみたら、恋愛が下手ではないはずの主人公が、今回好きになった人には翻弄されまくりで失敗だらけ…というストーリーじゃないですか。そういうの、すごく好きです。好き。わかってるなぁー、オタク(というか私が)こういうの大好きだから。それを大好きな人たちが歌っている…ありがとう、世界。

 

4. Hit the floor

大野さんソロ曲。正直私、大野さんのソロの中でもこれがいちばん好きかもしれません。聴くのも大好きだし、カラオケで自分が歌うのも大好き。

どうして好きになったかというのは、歌詞のストーリーと、それを大野さんが歌っているということ、それから彼の歌声の綺麗さにあります。

この曲の第一印象はですね、「これアイドルが歌ってええんか…?」でした。いやだってさ…君のことを悲しませることなら一億年でも隠しきってみせるさ、ってバレたら危ない恋じゃん。窓の外は気にしちゃいけないのさ 二人を引き裂く罠がある、って絶対外にパパラッチが潜んでるじゃん。なんかこう、生々しいじゃん。歌詞が。そこで好きになった。Mかよ。背徳的なものに弱いアイドルオタクです。 

そんな感じで生々しい歌詞ではあるんですが、この歌はどこか幻想的な気がしています。それはひとえに大野さんの人柄と、歌声にあると思っています。

 

これは私が考えているだけなのであくまで主観なのですが、大野さんって女性へのエスコートが苦手そうな気がしていて…なんですかね。わかるかな。少なくとも翔さん、潤くん、相葉さんのほうが上手いと思うんですよね。二宮さんと大野さんは女性に翻弄されるタイプだと思っています。ごめん。笑

そんな大野さんがこのような歌詞の曲を歌っているというのが私にとってはどこか相反的なんです。その為あまり現実味を感じられず、幻想的に聴こえています。

 

あと、単に歌詞だけを見たら割と危ない男だなこいつ…という感じがするのですが、大野さんが綺麗な声でさらっと歌っているのでその危なさが打ち消されていて。それもまた幻想的に聴こえる一端となっているのかなぁと思います。

ちなみに歌い方で好きな部分は、誰にも触れさせないから、のあとの「あーあーあー」です。音階が少しずつ下がっていく部分。とても綺麗です。

 

5. P·A·R·A·D·O·X

Hit the floorとかいう幻想的危険ソングのあとにP·A·R·A·D·O·Xをぶち込んだ人は誰なんですかね。一言ありがとうございますって言いに行きたいんですけど。

LOVEのリード曲であるこの曲にはMVもついております。サイコーだと思う。私あれ嵐のMVの中でも指折りで数えて3つに入るくらい好き。自担の可愛い色気が最高なんだもの。 

さて、この曲ですが、全体的にえろいです。オタクこういうの好きなんだってばありがとう…。冒頭が相葉さんというのもまたイイ。相葉さんはその人柄や歌声からして、明るく元気な印象があります。そんな相葉さんがこんな…えろい歌の冒頭を任されるだなんて…ギャップでやられてしまう…二宮担ではあるものの、相葉さんもめちゃくちゃ好きで夢女子のようになっているので正直嬉しさと興奮でやられました。

 

MVはね、5分割でそれぞれ動いている画面構成のシーンと、ちょいちょい映される二宮さんソロシーンで段々二宮さんが遠くなっていくのが好きです。

f:id:sk517617:20170217000022j:plain

f:id:sk517617:20170217000043j:plain

これね。あっやべ可愛い。二宮さん大好き。

で、そこの二宮さんの微笑みがたまりません。口元が、口元がぁ…。私は二宮さんのおくちが大好きなんですよ。むにゅっとしてて可愛らしいんです、まさに(*.゚ω゚)この顔文字のようで。

でもそんな可愛らしいおくちをしている二宮さんが、ここでは、優しい微笑みを浮かべていて…でもこの歌が流れていることによって、何かイケナイものを見ているような気がして…うわぁカッコイイきゃーっ!と思ってます。二宮さん、好きです。

あと歌詞もやばいよね。「教えてやるよ」や「腰つきで引き寄せる」の部分が二宮さんに割り当てられているの、正直、興奮するしかない。Mステ初披露の映像を見たときなんかは腰の動きでぎゃああああって叫びました。

 

あ、音階で好きなのは2番の「もう我慢できない」の部分ですね。できない↑と上がる人と、できない↓と下がる人とで被さっているんですこの部分。そこがすごく好きなんだなぁ。 

また、コンサートでは炎の特効があって、それが激しいこの曲にマッチしていて素敵でした!P·A·R·A·D·O·Xを歌っている場に居合わせたことがないので、いつかこれが披露される現場に行きたいです。実現しますように!

 

6. sugar and salt

大人という感じがすごく伝わってくる、翔さんソロ曲。大好きです。

前年のアルバム、Popcornのソロ「Fly on Friday」は明るくテンションの高い花金ソングでしたが、30歳になってから1年以上が経ち、ここに来て大人な翔さんが現れました。正直、やられた。苦しい。

櫻井翔さんがゆったりと紡ぐ低音が、私はすごく好きなんです。耳に残ります。大好きすぎる~エモい!というテンションになる曲ではないのですけれど、とにかく大人の櫻井翔を見せつけられる曲で、聴いていてじわじわと「あぁ…翔さん…好きです…」と静かに恋に落ちていきます。

 

7. Breathless

二宮さん主演映画「プラチナデータ」の主題歌でした。二宮さんが演じていた神楽龍平の心情をそのまま歌詞に閉じ込めた曲。なので、この曲は好きだけどプラデは見たことがないなぁという方には「まずプラデを見て!!お願いします後生だから!!」とお伝えしたいです。いやホントに良かったよあの映画…ハラハラしてドキドキして切なくて最高だった。役者な二宮さんが私は大好きなのですが、プラデの彼も相当に良かったです。原作文庫本も買いましたし、Blu-ray初回盤も手に入れました。プラデ宮さん大好き。オススメ。

 

最早これは神楽龍平のキャラソンのようなものなので、語るにあたって少しだけ神楽くん及びプラデの説明をば。

 

神楽くんには家族が居ません。唯一居た陶芸家であるお父様は、神楽くんが中学生のときに自殺しました。原作小説だと少し違うのですが、映画だと、お父様が亡くなる原因となったものは神楽くんの何気ない一言なんです。それが死の引き金だったんです…。

そこから荒れに荒れた神楽くんは、いつしか自分の心を守るために、第2の人格を宿していきます。それが通称リュウ。完全な理系で国家レベルの研究の主任をしている神楽と、父の芸術的センスを受け継いでのほほんと絵を描くリュウ

そんな中、リュウが親しくしていた女性、蓼科早樹が何者かに殺されます。神楽は自身のDNA研究の装置を使い、現場に残されていた毛髪データを解析しました。すると、装置に現れた顔の写真が、なんと自分の顔。

…そこから神楽龍平の逃避行が始まります。リュウのときの記憶は、神楽にはありません。リュウが早樹を殺したのか、それとも何者かに嵌められているのか。自分で自分のことがわからない神楽は、逃げながら答えを探し続けます。

また、容疑者である神楽を追っていた豊川悦司さん演じる浅間刑事も良い仕事をしています…容疑者と刑事、相反する立場の2人ですが、のちのち秘密裏にタッグを組んで真実を追い求めていきます。こういう話に燃えるオタクはマジでプラデを見たほうがいいと思う。私は全力で燃えた。そういう話大好き。

 

長くなりましたが、そんなプラデに本当に合っている曲なんです、Breathless。映画の終わり方がもう…もうね、じわじわ良さが伝わってくるんですよ。終わったときに「うわあああ…はぁ…」ってなりました。その後真っ暗になって流れるエンドロールと静かに響く重いBGM。少し経ってから、Breathlessが流れ始めます。これが最高なんです…。ほんとに。プラデのエンディングで流れるからこそのBreathlessだと思っています。

 

ちなみにプラチナデータには、事件の重大なキーワードのひとつに「手」があります。Breathlessの歌詞にも「この手が真実を話してる」とありますね。

歌詞が全体的に、自分のことなのにわからない真実を追い求めていく神楽そのものなんです。もうひとつの姿=リュウが何かを知っている、それは何なのか…その答えは、映画または原作小説をご覧になってください。どちらも最高でした。

 

身体中叫んでる まるで無限の迷路に

傷だらけの記憶 悲しみの果てまで 彷徨って

 

最後の大サビで、二宮さんがソロでこの部分を歌い上げますよね。そこがたまらなく大好きです。苦しそうに歌うんです、彼…というか神楽。「傷だらけの記憶 悲しみの果てまで」の部分は5人で歌って、「彷徨って」を二宮さんがソロで歌うという流れがとても好きです。5人の力強い声のあとに、1人だけの声が聞こえる。それが神楽の辛さを助長させているような気がして。

MVでは、思い出せない…のところで頭を辛そうに抱える相葉さんも好きです。険しい顔をした大野さんと、仲間がまずいことになっている場面に居合わせ真剣な顔をしている翔さんと潤くんも好きです。二宮さん≒神楽の苦しみを共有している嵐の他4人の図が最高に好きです。

 

8. 20825日目の曲

Breathlessのところで語りすぎて疲れた…。二宮さん自作のソロ曲。Breathlessの重たい雰囲気を一気にかき消してくれるギターの明るい前奏から始まります。

どうしてこんな曲名なのかしら?と疑問に思って検索したときに、二宮さんの愛に感動しました。お母様の生まれた日をアルバム発売日から逆算して数えて、それを曲名にした、お母様への愛のうた。すっごく素敵ですよね!!二宮さんがこの曲をギターを弾きながら歌っているとき、「あぁ…この人のママになりたい…」と毎回思います。息子にこんな曲を歌われたら、私だったら泣きますわ。

 

また、1992*4##111のときも思ったんですけれど、歌詞からして二宮さんは良いお父さんになるんだろうなーと。複雑で寂しい気持ちもあるんです、アイドルの二宮さんが大好きで、彼に手が届く訳がないことは自覚しているんですが、もしかしたらいつか結婚なさって温かい家庭を築かれるのかと思うと複雑なんですよね…悪い女に引っ掛からずに素敵な方と一緒になられたら、嬉しさと寂しさで泣きながら祝福するけど多分最低1週間は「にのくんが結婚しちゃったよぉ…」って引きずる自信がある。そのときが来るかはわからないけど来たら周りの皆さんは私の語りに酒を飲みながら付き合ってください。

 

話が盛大に逸れたな。えーと、二宮さんって、良いお父さんになる気がするんです。私は彼の人格が大好きです。ラジオやMOREの連載「一途」でしばしば見せてくれる、彼の本音が大好きです。ひねくれていたり、そう来たか!と斜め上の発言をしたりする二宮さんのいわゆる「二宮節」に触れるたびに二宮さんのことが好きになります。面倒だし、意味がわからないときだらけなんですけど(笑)、自分の軸をしっかりと持った二宮さんのことが大好きなんです。変に飾らず、時にはぶっきらぼうに見えることも多いのですが、真っ直ぐで。まさに東京の下町で育ったという感じがする。

流石に大袈裟なので彼が人格者であるとまでは言いませんが、とにかく彼の考え方が面白くて大好きなんですよね。そんな彼がお父さんになったら、子どもに何を伝えるのだろう。それが気になります。あと単純に二宮さんの色々なところが好きで、その遺伝子を受け継いだ子どもがこの世に現れないのは勿体ないが過ぎるので素敵な女性と結婚して可愛い子どもを授かってほしいと常々思っています。まぁ、結婚したら泣きながら1週間落ち込んで過ごすんだけど。面倒かよ。

20825日目の曲を聴くと、このようにして色々と拗らせた考えに思いを馳せてしまうのですが大好きな曲なんです…とりあえず二宮さんのママになりたいよね、うん。どうしたら二宮さんを産めますか??

 

9. Rock Tonight

この曲は可愛いですよね!初めて聴いたときから大好きです!

コンサートでの「にのみー!!」も大好きです。二宮さんが穴に落ちてる(次がソロ曲なので準備のために捌けている)のに踊りながら歌うことをやめない4人が面白すぎて大好きです。メンバーが穴に落ちたのに踊ってる場合じゃないww

make it make it...の部分が「めきめきめきめき」と聴こえて、そこが可愛くてお気に入りです!コンサートの衣装も赤いチェックで可愛かったなぁ。

f:id:sk517617:20170217001610j:plain

末ズちゃんが可愛いぞ(唐突)

 

10. Endless Game

はい!大好き!翔さん主演ドラマ「家族ゲーム」の主題歌でしたね。これがやっていた間、ずっとキチガイドラマ楽しいって言ってました。そろそろ細かいところを忘れているし見返したいなぁ…。

この曲は前奏の段階で既に好きです。こういう曲本当に大好きで…それを嵐が歌っているという事実…はぁ……作詞見たら100+さんだった。本当にいつもありがとうございます。

 

Endless Gameは、イヤホン・ヘッドホンを通して聴くとより楽しめる楽曲だなぁと思っています。この曲の主人公はセカイに翻弄されてぐるぐるしているのですが、イヤホンを通して聴くと、まさにその主人公の状態を表しているかのように音が左右をぐるぐる回るんですよね。それが本当に面白い。

後奏のたったたたんたんたららららんも好きです。わかりますかね。なんか最後にこれが流れることによって燃えるんだよなぁ…。

 

11. Calling

相葉さん主演ドラマ「ラストホープ」の主題歌です。主題歌だらけですね、LOVE。喜ばしいことだなぁ。

答えは今~全て懸ける、の間のBGMが好きなんですけど誰か理解してください。なんか少しエンジンがかかったみたいなアレ(語彙力)

ラストホープって結構重ための医療ドラマだったんですけど、内容の重たさを吹っ飛ばすような優しいアガるロック調なのがこの曲の好きなところです。歌詞も前向きですよね。

f:id:sk517617:20170217003416j:plain

私、このジャケ写が大好きです。前に進む嵐。表題曲の主演をしていた2人は前をまっすぐ向いて、でも他の3人は斜めや横、どこか別の方向を向いている。それが面白かったです、意図的なのか偶然なのかはわかりませんけど。

 

12.夜空への手紙

相葉さんソロ曲。作詞はFriendshipでお馴染みの阿部祐也氏。

これ、素敵な歌詞ですよねぇ…。普遍的な愛のうた、されどそれが素敵。阿部さんが相葉さんの思いをありったけに込めて、出来るだけ真っ直ぐにそのままそれが伝わるような歌詞に仕上げてくださったとかなんとか。

この曲は相葉さんいわく、「故郷や育ててくれた人たちへの歌」だそうです。特に、おじいさまへの気持ちを綴った歌。千葉県のモノレールって、レールが上にあって吊り上げられているじゃないですか。それが「逆さまみたいなモノレール」。何回も一緒に乗ったんでしょうね…

 

相葉さんとその弟さんが、ご両親が中華屋さんで忙しかったこともあり祖父母に育てられていたのは有名なお話です。歌詞にもあるように、「今日のこの僕をつくっている」おじいさまへの愛のうたなんですよね。

私はこの曲の、「どんな道を歩むのかより、誰と歩むのかが大事だ」「幸せは思いやり合う人と人の間に咲く」というフレーズが大好きです。こんなことを教えてくださるなんて、いいおじいさまですよね…。そうしてあの素敵な相葉さんは形成されていったんだなぁ。

 

歌詞からして、最期には立ち会えたのでしょうか…。大切な人とのお別れは絶対いつか来るもので、それは当たり前のことなんです。この曲を聴くと、日々の有り難さ、尊さを実感します。

相葉さんは、おじいさまに対して果たせなかった約束があるという後悔をこの歌詞に込めています。ですが、「また逢う日まで照らしていてよ」「光り輝き続けるから」という歌詞もあります。ここから単なる優しい歌ではなく、相葉さんがアイドルであるということが読み取れます。それがまたいいの。優しいアイドルの相葉さんがこれからも輝き続けるための曲がこの「夜空への手紙」なんですよね。おじいさまと何万光年も離れてしまったけれど、声が聞こえるように、寂しくなんかないように、アイドルの相葉雅紀は光り輝き続けるんです。

 

余談ですが、少し前に千葉県に行く用事があったんです。そのときに、「逆さまみたいなモノレール」に初めて乗りました。幼い頃の相葉さんが乗った、相葉さんにとっておじいさまとの思い出が詰まっているモノレール。乗りながら夜空への手紙を聴いて、少し泣きそうになりました。素敵な曲です。

 

13. Dance in the dark

潤くんソロ曲。ヴァンパイアソングです!!オタクなので軽率にヴァンパイアは好きですし、顔立ちからしてそれが嵐内でいちばん似合うのは松本潤だと思っています。ヴァンパイアである潤くんに魅了されて、最後には戻れないところまで行き着きたい…。

コンサートでの曲前の映像も良かったなぁ。潤くんの目が真っ赤に染められていて、首筋に歯を立てる…オタクの妄想の具現化かな?と思いました。

f:id:sk517617:20170217003909j:plain

そうそうこの曲、実はメンバー皆のセリフが入ってるんですよね。

You wanna know my secret? →潤くん

Be quiet, baby. →相葉さん

Come on baby. →翔さん

It's a secret, baby. →大野さん

We gotta go! →二宮くん

っていう。個人的に翔さんのカモン、がね…行っちゃうよね、翔さんにこんなこと言われたら。あと相葉さんが「静かにして、ベイベー」って言ってるのがもうほんとうにry


14. Starlight kiss

これ本っ当に好き。LOVEは大好きな曲がありすぎてダメだわ。最初に聴いたときはそんなでもなかったんですけれど、歌詞を読み込んでいたら、「あれ…この歌、怖くない?狂気感じない?」ということに気づいてしまいまして。それから大好きです。僕の見ている風景収録の「let me down」が好きな人種なので察してください。

 

俺は君が好き。もう離さないよ。君も俺が好きだろう?Yesと言ってくれ。君が好きすぎて気が狂いそうだ。

 

ってことでしょう?残念!もう狂ってます!めちゃくちゃ怖いよねー。さくらっぷの部分も大好きです。櫻井翔さん、いつものことだけれどラップ詞しか担当してないのにこの歌の流れをうまく汲み取っていらっしゃる。櫻井翔にこんな狂うほど愛されたらもう逃げられないと思う。好き。


15. FUNKY

思い出の曲!LOVEやJaponismのコンサートに参戦した人ならわかると思いますが、我々ファンにとってのダンスナンバーでもあるので聴くと踊りたくなります。

また、振り付け動画を見すぎたせいで、踊れディスコナイト~の辺りで「外回し!内回し!ぽっぽっぽっぽっ!」が脳内再生されます。どうにかしてくれもう2017年なのに直らない。でもあの動画、ツッコミ入れながら見るのが楽しいから定期的に見ちゃってて、多分しばらくは忘れられないと思う。大体のメンバーは雑な説明しかしてくれてないのに忘れられないっていうね。嵐って罪深い。

 

16. Tears

締めはこの曲。優しくて切ない過去の愛のうた。若い頃愛していて、ずっと一緒にいるものだと考えていた人と今は別の道を歩んでいる主人公。メンバー全員が30代に突入した2013年だからこそ歌うことができる曲なのだと思います。

この曲の主人公は、自分で「若すぎた僕ら」と言っているけれど、「君以上がなくて 大人になれなくて」とのことなので大人にもなれていないようです。

今なら君を愛せるのに…といった気持ちが歌われているので、愛していたのにお互いの為を思って違う道を選んだのでしょうか。それをずーっと後悔していて、大人になれない。最後はピアノの旋律で静かにしっとりと終わっていく、この曲が好きです。

 

ちなみに作詞者はお馴染みの小川貴史さん!同系統の小川さん作詞曲は、「キャラメル・ソング」「夏の終わりに想うこと」「ユメニカケル」などが好きです。でもこの人「スパイラル」「イン・ザ・ルーム」とかも作ってる。好き。

 

 

***

 

 

長くなりましたが、以上がアルバム「LOVE」の感想です。なんか片寄っててすみません…でも全部好きです!嵐のアルバムはどれもそれぞれの良さがあって好きなのですが、LOVEは30代に突入した彼らだからこそ歌える大人めな曲が沢山ある印象。大好きな曲だらけです!